iriser(イリゼ)について

福島県南相馬市小高区のガラス工房

2015年8月、東日本震災に伴う原発事故により避難指示区域になってしまった福島県南相馬市小高区に、ひとつのガラス工房が生まれました。
まだ居住が認められないうちから女性のつくり手が集まり、ガラス加工の技術を磨いてきました。
そして、2019年3月、その技術を活かした小高のハンドメイドガラスブランド『iriser(イリゼ)』が生まれました。

iriserとは

『iriser(イリゼ)』は、フランス語で「虹色に輝く、虹色に染める」という意味。
女性の手でひとつひとつ丁寧に生み出されるiriserには、それを手にするすべての人の暮らしを彩り、人生を輝かせて欲しいという想いが込められています。

会社概要

運営 株式会社小高ワーカーズベース
所在地 〒979-2124
福島県南相馬市小高区本町1-87 小高パイオニアヴィレッジ内
電話&FAX 0244-26-4665
創業 2014年2月
設立 2014年11月
資本金 250万円
役員 代表取締役 和田智行
営業日 月~金 10:00~18:00(土日祝日定休)

アクセス

【電車でお越しの場合】
JR小高駅より徒歩5分

【クルマでお越しの場合】
いわき・東京方面より:常磐道・浪江ICより約15分
仙台方面より    :常磐道・南相馬ICより約20分
※駐車場は道路を挟んで南側にございます。